ダイエットの仕組み

ダイエット目標は必要?BMIは当てにならない?






ダイエットを始めよう!と決めたとき、あなたはダイエットの目標体重をまず先に決めてませんか?

そして、〇月〇日までに〇㎏痩せる!

なんて決めて、〇月〇日を迎えて〇kg痩せてなくてダイエットのモチベーションが下がって、仕方ないからまた、期間を延長してまだあと〇日あるから今日は肉まん食べちゃおう!…ってつづけてませんか?

それ、過去の私です。

過去の私は、一年後10㎏減量!

と決めておいて、まだ一年あるから~まだ、半年あるから~と、だらだらだらだらダイエットという名のデブ活を続けていました。

そう、これがダメ!

ダイエット目標なんてぶっちゃけどうでもいい!

目標?作るなら、自分のダイエットしなきゃスイッチを先に入れてください。

ダイエットのスイッチがちゃんと入らない限りは絶対にダイエットは失敗します。

何なら「この体を健康な状態、標準体重に持って行かないとこの先もおいしいものが食べられない」とかそんな本末転倒的な理由でもいいです。

私の場合は「このままデブ活続けてたら可愛い下着きれないし、大好きな旦那に幻滅されるし、どんどんおばちゃん体型になるし、持病にもよくないし、娘が小学校に入るころおばあちゃんみたいになっちゃうし、LLサイズが着られなくなっちゃうよ!」っていう危機感からでした。

 

 

数字的な目標よりもダイエットの理由をよく考え、自分のダイエットスイッチをばちっとはめ込んでからダイエットを始めましょう。

 

 

周りにダイエット宣言する必要はありません。

それは無駄ってもんです。

ダイエットは自分と向き合って、自分のペースで、自分の体質に合う方法で行った方が効率がいいです。

一人でのダイエットが孤独だったら、私みたいにダイエット記録をブログに書いてもいいと思います。

それがまた、誰かのダイエットの参考になって、誰かが幸せになると考えたら自分も幸せになります。

ただ、体重記録アプリで体重の記録をしておくことはお勧めします

 

なぜかというと、減ったり増えたりする体重が少しずつ減っていくと嬉しくなるのと、増えたときに(やばい!)という危機感が生まれるからです。

 

BMIは気にするな!

BMI値とは、Body Mass Indexの略です。

大人の体格(身長・体重のバランス、「肥満」や「やせ」など)を示す目安になるもので、計算式は「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」

で表されます。

これは持論ですが、健康診断でも肥満の指標になっているBMIっておかしくないですか?

身長、体重だけでBMI値で表すのって、おかしくないですか?

やせ型の肥満=体重はBMIのやせ型だけど、体脂肪率をみると肥満

ガチマッチョ=体重はあるが体脂肪率をみるとアスリート並み

という人もいます。

実際私がツイッターで交流のある方も、そういう方が居ます。

なので、できれば体重計を体組成計という体重と体脂肪率と筋肉率の測れるものにしたほうが正確な体の状態が分かります。

体重計を体組成計に変えたら、体重記録アプリや体重を記録するノートに体脂肪率を入れていくと体脂肪が減って自分が健康的に痩せているな、と実感できると思います。

それと、体組成計で測ることによって自分の体についての裏付けやいいわけができなくなります。

私もよく家族に「骨が太いから体重がある」とか「筋肉がいっぱいあるんだよ」とか言われ、測ってないのになんでわかるんだよって感じで、体組成計で測ったら体脂肪ももちろんありましたが、骨量と筋肉量も普通の女性より多くて【へぇ】と納得しました。

この様に、自分で思ってる事の裏付けができ、「骨が太いから体重があるんだよ!」なんてい言い訳ができなくなるのも体組成計のいいところです。

 

おわりに

体重については数字的な目標は決めなくていいです。

自分のイメージする体を目指していけばいいと思います。

具体的なイメージがほしかったら、好きな体型の芸能人の写真を貼ってそこを目指すのもあり!

私はミッシェル・ロドリゲスの体系が大好きなので、そこを目指して頑張っています。

BMIについては、まったく気にしていません。

動物に個体差があるように、人間だって動物なのでその人、年齢、性別によって違う部分があるはずで、身長と体重だけで表す数字なんてあてにならないと思っています。

私は体組成がすべての指標だと思っています。